×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オール電化のメリットとデメリット

オール電化という言葉が定着して久しい今日この頃ですが、最近は特にオール電化が花盛りといった感じで、新築の物件などはオール電化で電気代節約とかオール電化で費用激減とか 、オール電化を前面に打ち出し力を入れた宣伝をしています。

オール電化は、すべてを電気でまかなう火を使わない住宅設備。ガスを使わない生活のは光熱費にダイレクトに反映します。オール電化設備は、現在ガスを使っているのを電気に変える。つまり、キッチンと給湯を電気設備に変更する事で成立します、オール電化リフォームは結構簡単に行えます。オール電化工事には補助金がついてくる事もありメリットも多いですよ。火を使わないという安心感や便利さ、快適さはもちろん、光熱費がかなりお安くなるという電化住宅。今回は、そのメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。

オール電化のメリットとは、まず、大幅なコストダウンがあります。オール電化にすると、光熱費の大半は給湯に使われてることになりますので、電気温水器は安い夜間電力を使うことで給湯費用が削減できるんです。それから、電気とガスを併用しているとどちらも使用量にかかわらず基本料金を取られますよね。でも、電気に一本化すれば基本料金が節約できます。さらには、ガスを使わないと電気料金にオール電化割引という割引が利用できるそうなので、お料理は是非、IHクッキングヒーターを使うようにしたいですね。オール電化マンションが流行るはずです、勿論普及率も高く CMもエコキュートとかカッパの秘密エコキュートとか電力会社もがんばって宣伝した甲斐があったというものです。

逆にオール電化については、デメリットも存在します。まず、住宅を新築するときにオール電化にしてしまえば問題ないのですが、もし、これまでガスの床暖房や浴室乾燥機を好んで使っていたような場合には使えなくなります。床暖房や浴室乾燥機にも対応した電気給湯器も発売されているのですが、とにかく値段が高いですし、なんと言ってもパワーはガスにはかないません。特に暖房はガス等のパワーとエアコンの暖め方では違いが大きく不満を良く聞くポイントです。また、なんかの際に急に大量の湯が必要になった場合などに湯切れになることがありえます(最近はマイコン式の給湯器で日常電力を使い追い炊きするのもあるようですが・・・)。そして、ガス給湯器より大きい貯湯器を設置するスペースが必要になります。

オール電化のデメリットはそのメリットに比べると大したことはない様に思います。金銭的には初期コストさえ何とかなれば光熱費全体が安くなります。特に今後高齢社会を迎え安全性やエコという観点から考えてもオール電化を実践する事は大切と言えるでしょうね。メリットの方が大きいと結論できそうな感じです。更に太陽光発電といったエコ的な試みとも相性が良いのもメリットです。今後ますます重要視されるでしょう。オール電化の工事費やリースも比較検討し長い目で考えると光熱費節約分で充分解消できるようです。料金シュミレーションを各電力会社が率先して行ってくれますのでオール電化への切り替えは検討する価値が高いと言えそうです。中村幸也


オール電化にする費用

最近は原油高で、光熱費がかさみます。光熱費を節約したいと思うけど、何かいい方法はないだろうかと考える今日この頃ですね。最近、家を新築、またはリフォームを考えていて、オール電化が気になる。という人は多いです。

勿論オール電化住宅って経済的という触れ込みだけど、初期費用が結構かかりそう・・・正解です。

気になるけど、そのへんどうなの?

そんな事を考えて色々調べているのが実情ですよね。オール電化にするには、簡単に言えば、ガスコンロと温水器と暖房を電気式のものにするだけ。これで世間一般ではオール電化といわれます。ガス料金がなくなる訳ですね。

ガスコンロはIHクッキングヒーターに。
ガスの湯沸かし器を電気温水器に。
そして、石油ストーブやガスファンヒーターなどを、電気の暖房器具に替えます。

初期費用には、それぞれの製品のお値段と工事費。

今ある家をオール電化にリフォーム(住居や服などに行うことが多いですね)するためには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
IHクッキングヒーターのお値段はだいたい15〜35万円程度です。
エコキュートと呼ばれる各電力会社の製品は高くて50万円くらいです。

この二つの機器を購入するだけで、最低でも六十万円くらいかかります。更に、これらの機器を使用するために、専用の200ボルトの電流を引き込みます。
その工事が必要になります。

また、エコキュートは、貯湯タンクを安定して置くための基礎工事が必要になります。ちょっと高い。でも、ランニングコスト(維持費とか、運用コストともいいますね)を考えると、オール電化はお得なのです。特に、エコキュートは夜間の安い電気を使う事ができますので、電気代の節約ようですよ。長く使っていれば、何年かして元を取ることができるでしょう。最近では太陽光発電も併用することでほとんでコストがかからないっていうスタイルも普通です。